転職体験談

20代の薬剤師が病院から転職した体験談

私が職場を辞めたいと思ったのは29歳の時です。精神科病院で調剤業務に従事していました。未婚で子供はいません。

退職を考えた理由は?

職場を退職したいと思った理由は人間関係です。精神科に来院する患者さんへの対応は非常に難しく、服薬指導やアドバイスで怒らせてしまう事も多々ありました。先輩などがサポートしてくれると助かったのですが、見て見ぬふりをされ一人で悩みを抱えている状態でした。

退職を誰かに相談しましたか?

職場を辞めたいと考えた時、真っ先に両親に相談しました。両親も薬剤師として働いており、仕事の大変さはわかっています。せっかく大きな夢を持って働き始めたのに、いつも辛そうな顔をしていては患者さんにも迷惑をかけると助言され、退職を決意しました。

退職の手続きは、どのように進めましたか?

退職日より1ヵ月前に上司に仕事を辞めたいと伝えました。上司も同僚も薄々気付いていたのか、特に引き止められる事は無かったです。

退職した後は、どのように過ごしましたか?

退職後、元気を取り戻せるように少し休暇をとりました。旅行や趣味のスポーツなどを楽しみ、働きたいと思える時期までゆっくり過ごしました。

退職後の変化は?

退職して半年後、気持ちが変化してきました。給与にはこだわらず、職場の雰囲気が良くて薬剤師としての仕事に集中出来る職場に勤めたいと思うようになりました。

退職して良かったですか?

退職して良かったと思うのは、自分が病気になってしまう寸前で止められた事です。自分の気持ちを押し殺して働き続けていれば、自分自身も精神科病院へ通わなければいけない状況になっていたと思います。うつ病など完治するまで時間がかかるのは知っているだけに、心の健康を取り戻せて良かったです。

今は、どのように過ごしていますか?

退職してから1年、今はドラッグストアで働いています。良く来るお客さんとは、世間話をするほど仲良くなりました。

退職に悩む人へのアドバイスは?

憧れを持っていた職場でも、実際に働いてみると思っていた環境とは違うケースはよくあります。薬剤師になるまで努力を重ね、ようやく手にした夢なので、毎日活き活きと働くためにも合わない職場は見切りをつけて、自分に合う職場をさがす事が大事だと思います。

今後の目標や計画は?

今後も長くドラッグストアで働き続けていきたいと思ってます。患者さんの役に立てるよう、漢方の勉強もしていく予定です。

退職に悩んだ時は、転職サイトも活用したり、友人に相談することも

退職で悩むときは、その仕事や生活の不安も大きくなります。親しい友人に相談したり、客観的にみて転職した方が良いのか、薬剤師転職サイト一覧などに登録してみるのも一つの方法です。
退職体験談が参考になれば、幸いです。

定番の薬剤師転職サイト
  • リクナビ薬剤師

    リクルートが運営する薬剤師専門の転職サイト「リクナビ薬剤師」は3.5万件以上の求人を掲載 就職・転職サポートの大手ならではのネットワークを利用して、調剤薬局・ドラッグストア・病院など様々な求人を網羅しています。都心を中心に5拠点があり、様々な地域で利用可能です。
  • 薬キャリAGENT

    ◆薬キャリAGENTとは 薬キャリエージェントは、薬剤師登録者数No.1の転職支援サービスです。 全国どの地域の方でも対応可能です。 ◆おすすめポイント ■「求人数は5万件以上!」限定の新着・非公開求人も紹介。 全国多数の非公開・好条件求人を保有しているため、より良い条件での募集がないかを通勤圏内の職場に1件1件確認。市場に出ていない求人も。 ■薬剤師登録者数「No.1!」 年間20,000人以上の薬剤師が薬キャリエージェントを利用して転職活動を行っています! ■ご利用者満足度「95%!」 希望に合った仕事探しや条件交渉、求人の内情調査などをサポート!
  • ファルマスタッフ

    ◆高収入情報満載!薬剤師の求人・派遣・転職といえば「ファルマスタッフ」 ■求人件数業界No.1、充実の教育体制、豊富な紹介先で薬剤師をサポートいたします。 薬剤師さんの転職成功率はなんと90%超の実績!! ■ファルマスタッフは東証一部上場の大手調剤チェーンである、日本調剤グループが運営している転職エージェントです。 ■ファルマスタッフでは1つ1つの就業先にキャリアコンサルタントが必ず直接訪問し、職場の状況を具体的にヒアリング。 そのため、求人情報が他社よりも非常に濃く、職場の雰囲気や経営状況、残業などの忙しさなど、デメリットな情報であっても現場の生の声をしっかりと求人に反映。 今すぐ転職を考えている方もちょっと考え中の方にも対応しています。